新築住宅・リフォームのことなら東商ホームへ

新築住宅・戸建てリフォーム・共同住宅、店舗の新築、リフォームなどをお考えの方ご相談ください。

直営施工体制の注文住宅










1. 敷 地 調 査

家を建てるにあたって敷地調査はかならず必要な項目です、敷地の形状から、道路の状況や、地盤状況や、水道・ガス・電気の状況、また周囲の建物や町の状況、土地に対する法規制などを調査し、建築可能な規模や用途などを確認していきます。


2. 建物プラン・資金計画の決定
 
建物プランでは、住宅の間取りや部屋の広さ、動線、開口の位置等を当社との相談により決定いたします。
資金計画につきましては、下記の新築住宅の資金のながれをご参照ください。また、住宅ローンの試算につきましてはフラット35による住宅ローンシミュレーションをご活用ください。 


3. 本融資・本設計のお申込み 

資金計画が決定しましたら、銀行などの金融機関による住宅ローンの融資の審査、手続きを致します。
それと同時に本設計の手続き、お申込みを行います。

スウェーデン式サウディング試験
スウェーデン式サウディング試験

4. 地 盤 調 査 

家を支えるために地盤調査は不可欠です、地盤の性質・地盤強度・杭の有無、などを測定します。当社では新築住宅の場合、スウェーデン式サウディング試験を行い調査いたします。


5. 建物プラン打ち合わせ 

お客様との建物プランの再度打ち合わせ、基礎や木工事などの施工日程を打ち合わせをいたします。


6. 設計図書及びお見積の作成・提出 

当社で設計図書・お見積書の作成をいたしまして、お客様にご提出いたします。


7. 確 認 申 請 

お客様との設計図書の確認後、確認申請書類・検査書類・同意書などを検査機関に提出いたします。建物の構造・高さなど、法規上の規定を満たしているかどうかを確認します。


8. 建物仕様の最終決定 

建物の建材や外壁材の種類・色などを予算に応じて、当社との相談により決定いたします。



9. 近隣へのごあいさつ 

工事の着工にあたり、ご近所、近隣へのご挨拶をいたします。


10. 解 体 工 事
 




11. 地 鎮 祭 

地鎮祭は、新築で家を建てる時、基礎工事の前に行われる儀式です。その土地の土木工事の安全と守護を神主さんによって神様にお祈りしてもらう祭事です。         


12. 建物の配置 

やりかた工事をします。やりかたとは、敷地のどこに建物を配置するか位置や高さを決める仮設工事。隣地境界線や道路境界線からの離れや、道路と敷地の高さを決める重要な作業です。

基礎工事
基礎工事

建て方工事
建て方工事

13. 基礎及び建て方工事 

基礎は鉄筋とコンクリートで造られます。工事の手順は、基礎が配置される部分の地面に砂利を敷き詰めてつき固めて、捨てコンと呼ばれるコンクリートを砂利にかぶせて配筋工事をします、基礎の形にあわせて型枠をつくり、型枠にコンクリートを流し込む(打設)、という流れです。
建方工事とは、住まいである建物の骨格ともいえ、躯体部分をつくる工事のことです。


14. 建物の中間検査 

躯体、屋根下地工事完了後行うもので、建物が設計図書(仕様書)通り施工されているかを、検査機関により確認します。


15. 建物の完了検査 

建物の施工が全て完了した際に、検査機関により確認します。


16. お引き渡し 

新しい住まいの完成です。 竣工をご確認後、設備のご説明をします。 お客さまに、各室の仕上がりをご確認いただきながら、設備機器や建具の使用方法をご説明します。各種説明書類などをご提出し、最後に鍵の照合をしていただいてお引き渡しの完了となります。







.